バストアップのツボさえ覚えればいつでも実践できる!

バストアップサプリとツボ押し

サプリメントやバストアップ器具を購入するとなるとどうしてもお金がかかってしまいますが、自分の体ひとつでできるバストアップの方法もあります。例えば、ツボ押しです。

日本ではまだまだツボについて良く知らない、実践したことがないという人が多いですが、バストアップに高い効果が期待できる方法でもあるんです。まず、バストアップに欠かせないものといえば、女性ホルモンですよね。

女性ホルモンの分泌を促すことにより乳腺の発達が期待できるので、バストアップ効果が期待できるんです。

だん中(だんちゅう)と呼ばれるツボについて紹介しましょう。だん中は女性ホルモンの分泌を促すツボとしても知られています。場所も探しやすく、左右の乳首を線で結んだ丁度真ん中あたりに位置しているのですが、実際に触ってみるとこの部分はあまり肉がついていないので、強く押すと痛みを感じてしまいます。

指の腹など柔らかい部分を使ってマッサージをしてあげましょう。痛いくらいに刺激をすればそれだけ効果があるというものではないので、注意しなければなりません。

つぎに、天溪(てんけい)と呼ばれるツボもバストアップに効果的です。こちらもだん中と同じように左右の乳首を結んだ高さにあるのですが、だん中とは違って胸の外側にあるというのが特徴です。胸のきわあたりを手で触ってみて、骨と骨の間を探して押してみましょう。この時、少し痛みを感じる部分が天溪です。

刺激をする際には、外側から内側に向かって胸を持ち上げるようなイメージで押します。押す時のコツについてですが、1回あたり3~5秒を目安にしましょう。少し休んで3~5回繰り返します。間違っても強く幼いことを忘れないようにしてくださいね。

それから、左右にそれぞれあるツボを刺激する際には、左右同じ回数になるように刺激します。身体が温まっている時に刺激したほうが効果的だと言われているので、毎日お風呂上りのツボ押しを日課にしてみてはどうでしょうか。